【LINE@限定】友だち登録でかなりお得になるスタンプカードはじめました

【改善例】足の方まで痛い腰痛と腕が上がらない状態

腰痛・肩の痛み 60代 女性

中腰で作業をしていたら、腰が痛くなってきて太ももから足の方までツラくなってきたとのことで来院されました。

ご来院時の状態
  • 腰から太もも、足の方までツラい
  • 前屈で腰が痛くなる
  • 左の腰の張りが強い
  • 右腕を上げると肩に痛みが出て45度くらいしか上がらない

ねこひげ整体院での施術内容

まずはうつ伏せで全体をゆるめ、背中側を調整しましたが左の腰の張りがいまいち取れません。

そこで次は仰向けで施術を開始。

 

お腹の奥にある腸腰筋をチェックすると固さと圧痛があります。

腸腰筋は背骨から骨盤、太ももの内側についている筋肉でここにトリガーポイントができると腰に痛みを出します。

 

中腰で作業をしていて腰が痛くなったということでしたが、中腰になると上半身が前傾している状態になります。

恐らくその状態で長時間作業したことにより、腸腰筋が短縮して固くなってしまっている影響が考えられます。

長時間しゃがんで草取りをしていて腰が痛くなる方も多いですが、それもこの原理です。

 

早速、腸腰筋をゆるめる施術をすると、背中の張りがなくなり左右の状態が変わらなくなりました。

動いてもらって痛みをチェックすると腰の痛みは気にならなくなり、かなり楽になったということでした。

 

この時点で肩の施術はほとんどしていませんでしたが、右腕を上げて頂くとさっきよりましだけどまだ上がらないとのこと。

 

そこで肩が痛くなる動きをして頂き、問題がありそうな所をチェックすると・・・ありました!

肩の前側にある、腕の付け根と胸の筋肉の付着部の辺りを押してみると圧痛があります。

 

ここを丁寧にゆるめて再度腕を上げて頂くと…。

 

あっ!上がる!背中側の肩甲骨辺りに原因があると思っていたのに前側だった?

 

お客様はずっと肩の後ろ側が原因だと思っていて、背中を主に施術してもらおうと思っていたそうです。

確かに肩甲骨の上にある棘下筋や背骨と肩甲骨の間にある菱形筋にも圧痛はありましたが、背中の調整時にゆるめてもあまり変化がありませんでした。

というわけで最後にチェックした1ヵ所、肩の前側の筋肉が腕の上がりを邪魔する原因だったということです。

 

もちろん、それまでの全体的な施術の影響もあるので体を総合的にみるということが必要です。

院長から一言

院長

「できなかったこと」が「できるようになる」というのはとても嬉しいですよね。

腰も肩も楽になったと、お客様にも大変喜んで頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です