【LINE@限定】友だち登録でかなりお得になるスタンプカードはじめました

【改善例】腰の辺りが痛むが場所がはっきりしない腰痛

腰痛 30代 女性

一週間位前から左の腰から臀部、太もも辺りが痛くなって、どうかした時にピリッと痛むということでご来院されました。

ご来院時の状態
  • 右側屈、左回旋で痛みが出る
  • 歩くときに足を上げると痛む
  • 左の腰の辺りから痛むが、痛む場所ははっきりしない

ねこひげ整体院での施術内容

歩くときに足を上げると痛みとのことでしたので、まずは足を上げる時につかう太ももや腸腰筋を施術して動きをチェックしてみるといまいち変化がありませんでした。

今度は左回旋での痛みに注目して、体をひねる時の筋肉(腹斜筋)などを調整しました。

立っていただいて痛みが出る動きを確認するもこれもあまり痛みに変化がなし。

 

そこで今度は仰向けに寝て頂いて股関節の外旋、内旋の動き(足首を外側に倒したり、内側に倒したり)をして頂くと臀部が痛むとのこと。

臀部を全体的にゆるめて、深い所にある股関節外旋筋を調整すると股関節の外旋、内旋で痛みが出なくなりました。

 

再度立っていただいて歩いた時の痛みや、体をひねったり倒したりした時の痛みを確認して頂いた所、「痛くない!来たときと全然違う!」と喜んで頂けました。

院長から一言

院長

場所がはっきりしない場合は、関連痛を感じていることがほとんどです。

今回も原因は腰回りではなく、股関節に付着している筋肉から来ている痛みでした。

普段、足首を内外にひねるような動き・・・ツイストとか踊りました?

と聞いてみましたが踊っていないとのことでした。まぁそうですよね。

参考

関連痛についてはこちらの記事を読んでみて下さい。

トリガーポイントについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です