【LINE@限定】友だち登録でかなりお得になるスタンプカードはじめました

【改善例】病院で異常がないと言われた坐骨神経痛

坐骨神経痛 50代 女性

ご来院時の状態
  • 5~6日前から左のお尻から足にかけて痛い
  • 病院では異常がないと言われ痛み止めをもらうが効かない
  • 前屈して体を起こすときに痛む
  • 車から降りる時に痛む
  • 立ちっぱなしでいると痛くなってくる

ねこひげ整体院での施術内容

初回

いわいる坐骨神経痛と呼ばれる症状でチェックすべき点は臀部の筋肉です。

小殿筋というお尻の筋肉にトリガーポイントができると、お尻から足にかけて痛みを出します。

まさしく今回お困りの痛みと一致するのでまずはここをチェックしました。

 

小殿筋の辺りを押さえてみるとかなり強い圧痛があります。

この場合、小殿筋だけにアプローチしてもなかなかゆるみません。

 

最初に体の深層のラインをゆるめて、足の側面に影響する腸の調整を行います。

最後に小殿筋を含む臀部の施術をすると圧痛がかなり減っていました。

 

立って動いて頂くとかなり楽になったとのことで、この日はこれで終了しました。

 

2回目

前回ご来院頂いた時より痛みは減っているものの、車から降りる時と立ちっぱなしでいる時に痛みが出るとのことでした。

小殿筋の圧痛がまだあるので、引き続き体の深層のラインと腸の調整、殿筋の施術を行いました。

左の背中に張りがあるのが気になったので、加えて背中の調整を行うと楽になったとのことでこの日は終了。

 

3回目

車を降りる時も立ちっぱなしでいる時もほとんど痛みを感じなくなったとのことでした。

少しお尻が張る感じがあるということでしたので、臀部の調整をして終了となりました。

 

院長から一言

ツラい症状にもかかわらず、とても明るく体の状態をお話頂きました。

特に長時間盛り上がる立ち話がツラかったそうで、モジモジしながら我慢されていたそうです。

痛み止めも効かない状態だったので、「痛みがなくなって良かった!」と喜んで頂きました。

 

院長

結構痛みが強い状態でしたが、5日間でほぼ痛みがなくなったので本当に良かったです。

今回は坐骨神経痛の症状でしたが、症状問わずトリガーポイントの関連痛、筋膜(ライン)の繋がり、内臓の繋がりを見ていくことが大切です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です