【LINE@限定】友だち登録でかなりお得になるスタンプカードはじめました

【改善例】座ると痛いので車の運転がツラい坐骨神経痛

坐骨神経痛 40代 女性

一週間位前にちょっと長く車を運転して帰ってきたら、右側のお尻から太ももにかけて痛くなったとのことでご来院頂きました。

ご来院時の状態
  • 長く座っていると痛くなってくる
  • 前屈すると痛みが出てほとんど曲げられない
  • 体をひねって起き上がる時にも痛い

ねこひげ整体院での施術内容

初回

気になったのはほとんど前屈ができない状態でした。

立った状態でも、座った状態でも前屈する時に痛みが出ます。

 

また、痛みは右側に出ていますが筋肉の固さや圧痛が左側にも出ていて、疲労がかなり蓄積されているように感じられました。

 

まずは痛みがある右の臀部をチェックすると強い圧痛があります。

前屈すると痛いという状態でもあるので、お尻とは反対側の腹部から施術を行いました。

 

左右の腸腰筋に固さと圧痛がみられたので、両方とも調整してから臀部の施術に入りました。

まだ圧痛はあるものの我慢できるほどの痛みということでした。

 

ちなみに、よく痛い方が効いている感覚があるからか「もっと強く押してください」とか、「我慢するから大丈夫です」といわれることがあります。

しかし、痛い状態で押すと体が緊張して逆に固くなってしまいます。

そこで、ねこひげ整体院では「北風と太陽」理論を用いて施術をしています。

 

「北風と太陽」理論とは

痛みがある筋肉の施術をねこひげ整体院の院長が勝手に童話「北風と太陽」に例えた理論です。

 

痛みがある筋肉は痛いまま施術をすると反射で逆に固くなってしまいます。

そう、冷たい強風から旅人がコートを必死で守るように。

 

そこで痛い筋肉を痛くないポジションで施術することで、痛みも固さもなくなってきます。

そう、暖かい日差しで旅人がコートを脱ぐように。

 

ねこひげ整体院では、痛い所を痛いままゴリゴリ揉んだりするような施術は行いません。

というわけで、痛くないポジションで臀部の筋肉を一通りゆるめた後、痛みのチェックをして頂きました。

立ったまま前屈するとまた痛みはあるけれども、来たときよりは楽になって可動域も少しあがりました。

動いた感じも楽になったということで、この日の施術は終了しました。

2回目

ご来院時に状態を確認すると、次の日に長時間運転して不安だったけれども休憩もなしで運転できたそうです。

たまにピリッとくる痛みはあるけれども、前回来院した時みたいに痛くてたまらないといった状態はないとのことでした。

前屈のチェックをすると、前回とは比較にならないくらい素早くくにゃっと曲げることができます。

むしろ側屈の方が少し痛みが出るということで、体の側面のラインもチェックしました。

 

殿筋の圧痛はまだあるものの、前回よりも痛みは治まっていて施術後は側屈の痛みも取れました。

しばらく経過を見て痛みが出そうだったら再度施術をしましょうということで、終了しました。

院長から一言

院長

車を運転していて痛みがでるとなかなかすぐに休めないこともありますし、ツラいですよね。腹部⇒腰⇒臀部⇒足と順を追って痛くなるパターンで結構改善に時間がかかるかと思いましたが、ご本人の良くなりたいという思いと治癒力の高さでかなりの短期間で良くなりました。本当に良かったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です