不眠でお悩みの方へ「脱☆不眠コース」できました

【改善例】ふくらはぎまでビリビリしびれる坐骨神経痛

夜中眠れなくなるほどの痛み

50代男性

元々腰痛はあるが、一週間位前から左のお尻から足にかけてシビレと痛みがあるとのことでご来院頂きました。

ご来院時の状態
  • 立っていると段々痛みが増してきてツラい
  • 痛くて寝返りがうてない
  • 夜中痛くなると眠れない

スイッチが入ったように痛みだしたのが嘘のように

まずは立ったまま痛む状況の確認をしました。「休みで先ほどまで寝ていたので今はほとんど痛みはない」ということでしたが、体を左に傾けると少し痛みが出る状態でした。

骨盤の横辺りが痛むとのことで、押してみると圧痛があります。ただ、ここが原因でもなさそうです。シビレが酷い場合、尾骨と坐骨の間の辺りが固くなっていることがあるのでそちらを押してみると、足までビリビリ響くとのことでした。

途中、うつ伏せや仰向け、横向きなど姿勢を変えているうちにスイッチが入ったように痛みだしました。一旦スイッチが入ると強い痛みがしばらく取れません。そこで、左側を上にした横向きになって頂き、楽な姿勢を取って頂きました。

その状態で臀部の筋肉が弛むように左足を後ろに持ってきて、尾骨と坐骨の間をゆるめると痛みもなく、一番楽とのことでした。落ち着いてきたタイミングで座って頂き、さらに臀部を調整しました。

そこで「まだ足まで痛いですかね?」と聞くと、「いや、全然痛くないです。何したんですか?」と驚かれました。さっきまでお尻からふくらはぎまでビリビリしびれて痛かったのが嘘のように取れたとのことで、大変喜んで頂きました。

院長から一言

坐骨神経痛は腰椎のヘルニアが神経を圧迫して云々…とよく言われますが、臀部の筋肉にできるトリガーポイントが原因の事が多いです。実際このお客様には、ヘルニアの施術はしていません。ヘルニアだからとあきらめている方は一度トリガーポイントを疑ってみるといいかもしれません。

院長

月曜日からツラい仕事があるので、休みの時に何とかしておきたいと日曜日にご来院頂きました。その気持ち物凄くわかります…。それにしても酷かった足までのシビレがなくなり、喜んでもらえて良かったです。日曜日に営業してて本当に良かった(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です