不眠でお悩みの方へ「脱☆不眠コース」できました

【改善例】立っていても座っていても痛む腰痛

腰痛の改善例

立っているのも座っているのもツラい

40代男性

結構前から腰が痛くなる徴候があったそうですが、2日前に左の腰が酷く痛くなったとのことでご来院頂きました。

ご来院時の状態
  • 立っているだけで左の腰が痛む
  • 座っていても痛みが出る
  • 前屈と後屈で痛みが増す

左側の痛みが右側の筋肉からきていた

まずは腰の痛みをチェックします。腰の痛みが出ている部分を押してみますが痛みは出ません。場所もハッキリせず、左の腰一帯がぼやっと痛むとのことでした。

これはまさにトリガーポイントが起こす痛みのパターンです。痛む場所を押して痛い場合はその場所に原因があることが多いのですが、痛む場所がハッキリせず押しても痛みがない場合は他の所、つまり関連痛としてトリガーポイントが飛ばしている痛みです。

では、どのトリガーポイントが痛みを飛ばしているのか。腹部の奥にある腸腰筋でした。仰向けに寝て頂いて腸腰筋を押すと圧痛がありました。しかも、右側の腸腰筋を押すと左側の腰に響くという状態。

大体は痛いほうと同じ側の腸腰筋に痛みがあることが多いのですが、たまに逆から痛む場合があります。その為、必ず両側の腸腰筋のチェックと施術が必要です。

一通り施術を終えて一旦ベッドに座って頂くと、座った時の腰の痛みは無くなっていました。そのまま立ち上がって頂き、前屈や後屈をしても痛みは出ません。

仕事がとても忙しい時期で、とてもツラかったので楽になって良かったと大変喜んで頂きました。

院長から一言

https://nekohigeseitaiin.com/wp-content/uploads/2018/08/intyoudairisyou.png
院長

今回のケースのように反対側の筋肉から痛みが出ることがありますが、本当に体の繋がりは不思議だと実感させられます。痛みが出ている場所に固執せず、広い視点で原因をみつけることが大事です。

関連ページ

トリガーポイントと関連痛についてはこちらの記事をご覧ください。

トリガーポイントについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です