【改善例】体を前に倒せないぎっくり腰

ぎっくり腰の改善例

朝からギクッと強い痛み

40代男性

4日前の朝、ちょっと前かがみになった所、左の腰にギクッと強い痛みが走ってそこからしばらく動けなくなったそうです。

整骨院で電気治療を受け、湿布を貼ってしのいでいましたが、あまり良くならないということでご来院頂きました。

ご来院時の状態
  • 体を前に倒すと強い痛み
  • 痛みで車の乗り降りがツラい
  • 座っていて立ち上がるときに痛みが出る

原因は腰じゃない?

まずは椅子に座って頂き、腰をチェック。痛みが出るところを押しても痛みはありません。そこで今度はお腹を押すと硬さがあります。ゆっくり緩めていくと立ち上がりの痛みが楽になりました。

そこからベッドに移動して頂き、腰の骨の動きをつけます。仰向けに寝て頂き、お腹を押すと痛みがありました。

お腹の硬さと痛みを一通り取って、一旦立ち上がって頂くと、痛みなく前かがみになれました。

立ち上がりが少し重たいとのことでしたので、座った状態で骨盤周りの筋肉を調整したところ、スッと立ち上がることができました。

かなり痛みが楽になったということで喜んで頂きましたが、ぎっくり腰後はしばらくは痛みが出ることがあるので無理をしないように、かといって安静にし過ぎず、ある程度動いて頂くようアドバイスをして施術を終了しました。

院長から一言

院長
院長

ぎっくり腰の場合、腰だけではなくお腹の奥にある体幹の筋肉「腸腰筋」のトリガーポイントが原因で痛みが出ることが多いです。

腰に電気を当てたり、湿布をしても改善しない場合は、他の場所に原因がありますのでしっかり見つける必要があります。

参考

ぎっくり腰でお悩みの方