整体師ならではの小顔矯正★詳細はこちらをクリック

【改善例】お尻からふくらはぎまで線が一本入ったような坐骨神経痛

坐骨神経痛の改善例

痛みで食事や睡眠もできない

60代女性

4~5日位前、お孫さんを右の骨盤に引っ掛けるように抱っこしながら公園を歩いていた所、しばらくして右のお尻が痛くなり、その後太ももからふくらはぎまで一本線が入ったように痛み出したとのことでご来院頂きました。

ずっと座っていることができず、ご飯中も休憩しながら食べるので食欲もなくなり、途中でご飯を食べることをあきらめた日もありました。また、夜寝ている時も痛みが出て、眠れない日もあったそうです。

ご来院時の状態
  • 座るとお尻から太ももが痛くて長く座れない
  • 足の上げ下げで痛む
  • 前屈するとお尻が痛む

もう二度と味わいたくない痛み

歩くのも少し引きずった感じで、ずっと座っているのもツラいのでカウンセリングはしっかりしつつ、早めに横になって頂きました。

典型的な坐骨神経痛の痛み方なので、まずは坐骨神経痛を起こすお尻のトリガーポイントをチェックしました。

すると、小殿筋というお尻の筋肉や太ももの裏側に強い圧痛がありました。まずは、これをゆるめていきます。

1回目の施術では、痛みは残るものの、足の上げ下げや前屈ができるようになりました。

2回目来られた時は、普通にあることができており、ふくらはぎの痛みがなくなったとのことで、引き続き、お尻と太ももをゆるめる施術を行いました。

3回目は一日空きましたが、「もう全然違います!」と嬉しそうに入ってこられました。

さらに、「ここに車で来るときも、お尻を浮かしながらでないと痛くてきつかったのに、今日はずっと座って来ることができました!」とのこと。

最初はちょっと触っただけでも痛かったお尻や太ももの圧痛もほとんどなくなり、座った時の痛みもありません。

ここまできたら、ほぼ大丈夫でしょうということで、施術を終了しました。

楽になってからも、一番痛かった時のことを思い出すそうで、もう二度とこんな痛みは味わいたくないとおっしゃっていました。

院長から一言

院長
院長

最初に来られた時は、酷い痛みで動きもぎこちなく不安そうな顔をされていましたが、施術を行うたびに動きもなめらかになって、自然と笑顔も増えていきました。

痛みがあるときは、お孫さんとも遊べなかったようなので、きっとお孫さんも喜んでいると思います。