整体師ならではの小顔矯正★詳細はこちらをクリック

【改善例】腰の骨の真上が痛い腰痛

腰痛の改善例

腰痛でしゃがむのがツラい

40代男性

一週間位前に、腰にミシッとした痛みが走ってからその後、腰の骨の真上に痛みがあるとのことでご来院頂きました。

ご来院時の状態
  • しゃがんだ時と、その後起き上がるときに腰に痛み
  • 前屈すると痛みが出る
  • 寝がえりの時にも痛む
  • 座っていても痛くない

骨の問題じゃないんですか?

痛みは骨の真上に出るとのことで、座った状態で痛む部分を押してみましたが、押したときの痛みはないとのことでした。

そうなると、痛みが出ている骨の真上ではなく、別の筋肉や筋膜に原因があることが多いです。

まずは、腰周りの筋肉の硬さを確認しようとすると「ビクッ」と体が動きます。

「もしかして、くすぐったがりですか?」

くすぐったいと、力が入ってしまって通常の筋肉の状態が確認できません。しかし、ご安心ください。そんな時は、筋膜の繋がりを利用してお尻や足の筋肉から腰やお腹の筋肉をゆるめていきます。

すると、お尻に力が入った時にも痛みが出るとのことで、お尻の筋肉の影響もありそうです。

一通り施術をして、痛みが出る動き(しゃがんで立つ)をしてもらうと大分楽になったとのことでした。

前屈をして頂くと、まだ腰の骨の真上の痛みがあります。

一旦座って頂き、横隔膜からお腹をゆるめると前屈した時の痛みが取れました。

院長から一言

院長
院長

「あれ?骨の問題じゃないんですか?」

お客様は骨の上が痛いので、骨に原因があると思っていらっしゃいましたが、お尻の筋肉とお腹を調整して痛みが取れたことを確認し、この場合は筋肉や筋膜に原因があったことを説明すると、ちょっとビックリされていました。